恒例バザー大盛況 つつじが丘学園まつり

LINEで送る
Pocket

地域住民や支援者らでにぎわったバザー

岡谷市川岸上の児童養護施設つつじが丘学園で16日、第9回「つつじが丘学園まつり」が開かれた。バザーや農産物、軽食の販売、アトラクションなど多彩な催しがあり、多くの地域住民らでにぎわった。

施設への理解を深めてもらおうと毎年開いているイベント。地域住民や学生のボランティアが開催を支援しており、今年も50人余が運営をサポートした。

恒例のバザーには地域の福祉団体や個人から日用雑貨や家電品、おもちゃなどの販売品が多数寄せられ、午前10時の開始前から大勢の人が訪れる盛況ぶり。午後からはアコースティックギタリストの仲内拓磨さんのライブや信州プロレスのショーもあり、来場者を楽しませた。

バザーの収益金は建設を目指しているグループホームの資金に活用するほか、一部は全国児童養護施設協議会を通じて台風で被災した施設に寄付する考え。川瀬勝敏園長は「協力いただいた方々の気持ちがうれしい。活動を通じて地域と連携した子育ての在り方を構築していきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP