諏訪の子育てサークル紹介 初のリーフレット

LINEで送る
Pocket

諏訪市内で活動する子育てサークルを紹介したリーフレットをPRする関係者

諏訪市子育てサークル代表者会と同市ひなどり保育園地域子育て支援センターは、市内の未就園児親子向けの子育てサークルを紹介したリーフレットを作った。働く母親の増加やコミュニティーの変化などで年々サークルや登録者数が減少しており、これまで口コミを通じた入会が大半だったが、広く周知しようと初めて発行。現在休止中のサークルも含めて5団体を取り上げた。70部を作成し、市図書館や児童センター、保健センターなどで配布している。

同会などによると、サークルは2016年には市内で8団体あったが、現在は4団体に減少。各団体の登録者も減り、約3年前は40~50組いたが、現在は18組にとどまる団体も。それぞれ10~20組ほどの親子で活動している。「最近は活動日や団体を運営する負担に縛られず、ふらっと来て帰れる手軽さを好む親も多い」という。一方で、同会代表世話人の島津美穂子さん(57)は「子どもが小さい頃にできた友人は、その後もフラットに長く付き合える」と子育てサークルの魅力を語る。

リーフレットはA3判の二つ折りで、各団体の活動日や内容、参加費や連絡先などを記載。親子運動を中心に活動する「ぽかぽかだっこ」、むし歯予防学習などに取り組む「美歯クラブ」、中洲公民館を拠点に季節のイベントを楽しむ「ひよこサークル」などを紹介する。他にも単発で参加できるママ向けのおしゃべり会も紹介している。

島津さんは「1人でも多くの人に関心を持ってほしい」と呼び掛けている。市ホームページからダウンロードも可能。問い合わせはひなどり保育園内の地域子育て支援センター(電話0266・53・2408)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP