上伊那の「りんごワッフル」 新商品あす発売

LINEで送る
Pocket

ふじリンゴとハナマンテンを使った「信州のりんごワッフル」。リンゴの風味ともっちりした食感が楽しめる

JA上伊那は19日、プライベートブランド(PB)・伊那華のシリーズの新商品「信州のりんごワッフル」を発表した。上伊那産のリンゴ「ふじ」と特産小麦の「ハナマンテン」を使用。それぞれの長所を生かし、香り豊かでもっちりした食感のワッフルに仕上げた。クリスマスでも使ってほしいと、21日からJA農産物直売所や管内のA・コープ店、ファミリーマートJA店などで販売を始める。

ふじリンゴは南信州菓子工房(阿智村)でセミドライ加工。パンや麺への加工に向くハナマンテンの生地に果肉を12%以上練り込み、リンゴの風味と食感が楽しめるようにした。柄木田製粉(長野市)が製粉し、石川県の製菓メーカーが焼き上げた。

1袋に5個入り、価格は800円(税込み)。パッケージは温かな優しいイメージでデザインした。洋菓子のPB商品は初めてで、「女性に好まれる商品になれば」と同JA。「家使いにはもちろん、お土産にも喜ばれると思います」とPRしている。

同JAは今年度、果実の選果を一元化し、箕輪町の選果場の設備を増強。加工商品の開発や販売にも力を入れていくことにし、今後、他の果樹でも商品開発を進める。御子柴茂樹組合長は「管内の果樹農家は相次ぐ自然災害で苦しんでいる」と説明。「リンゴを使った洋菓子の販売は明るいニュース。クリスマスを含めていろいろな場面で使っていただければ」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP