2019年12月24日付

LINEで送る
Pocket

県が東京に開いているアンテナショップ「銀座NAGANO」の情報誌「つなぐ」の最新号は台風19号災害からの復興を特集している。その片隅に被災地の現状や被災地に必要だと思ったことなどをSNSに投稿してほしいとの呼び掛けがあり、「#OneNagano」のハッシュタグが添えてある▼「ハッシュタグ」はSNSで関係のある投稿を検索しやすいよう付ける印のこと。「#OneNagano」で検索すると長野の復興を話題にしている投稿がずらっと並ぶ▼最近はラジオでも「ハッシュタグはシャープ〇〇。番組の感想をつぶやいてください」などと読み上げているが、実のところハッシュ記号(#)とシャープ記号(#)は違う文字だ▼2本の横棒が電話機などでも使われているハッシュ記号は水平だが、音楽のシャープ記号は右肩上がりだ。とはいえ「#」はそもそも「井桁」「ナンバー記号」など呼び方が多い記号なので、一つくらい混乱した呼び方が交じったところで問題なく使われてきたのだろう▼「ハッシュ」を英和辞典で引くと、肉などを細かく刻んだ料理や刻む動作の意味があるが、じっくり話し合うことも表現するそうだ。さまざまな人々の一人ひとりの思いが「#」の文字に集まって会話しながら一つになっていく様子がイメージされる。「#OneNagano」もそのような使われ方がされていくのだと期待したい。

おすすめ情報

PAGE TOP