暖冬影響で乙女滝「凍らず」 きょう大寒

LINEで送る
Pocket

水しぶきを上げて流れる乙女滝=19日、茅野市蓼科横谷峡

20日は二十四節気の一つ「大寒」。寒さが極まる時期だが、19日の諏訪の最低気温は氷点下2度で、20日の予想も氷点下1度と、この時期としては高め。茅野市郊外の乙女滝では、風物詩の氷柱がまだ出来ていない。渓谷沿いの氷瀑も育っておらず、蓼科横谷狭にも暖冬の影響が現れている。
 乙女滝は落差約15メートル。例年だと、水しぶきが岩肌に凍り付きながら大きな塊となり、美しい景観をつくりだす。晴天に恵まれた19日は、うっすらと雪に覆われた中を、県外からの観光客やアマチュアカメラマン、地元住民らが訪れた。近くで飲食店を営む木村洋介さん(40)は家族4人で訪れ「夏とはまた違った風情。凍っていない滝もすてき。マイナスイオンを浴びて気持ちがいい」と話していた。
 近くの横谷温泉旅館によると、氷柱は例年2月半ばまでが時期。「これから冷え込みがあれば」と期待していた。
 長野地方気象台によると20日は冬型の気圧配置となり、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込み。中部は晴れ、南部は晴れ時々曇りの予報。

おすすめ情報

PAGE TOP