大御堂さん「マリコ人形」作品展 富士見

LINEで送る
Pocket

来月17日まで展示中のマリコ人形の作品と大御堂さん=富士見町の大丸屋

丸顔に大きな目をし独特のかわいらしさが若い女性を中心に人気の人形「マリコ」の作家、大御堂恵子さん(47)=富士見町=の新作を並べた作品展が、同町のJR富士見駅前の大丸屋で開かれている。2月17日まで。

大御堂さんは「自分らしい作品を作りたい」と2010年からフェルトや綿、毛糸などでマリコ人形を制作。「皆さんを元気づけたい」(大御堂さん)と、前向きに明るく生きる女性をマリコで表現している。これまで看護師や消防団員といったさまざまな職業や雪だるま、食品、こたつなどに模したマリコ人形を制作。町内商店とコラボレーションした豆腐やペンなどの作品もあり、全部で1000種類を超す。

今回の作品展では干支のネズミや節分、七福神など新春にちなんだ作品を中心に約50点を展示し販売。バレンタインデーにちなんだ作品も会期中に並べる予定だ。2月13日には町内の店と連携しコーヒーや洋菓子を味わいながら、作品を見てもらう「マリコカフェ」も開く。

大御堂さんは「作品を見て皆さんに楽しい気持ちになってもらえたら。喜んでもらうことで私も元気をもらっている」と話している。

午前9時30分~午後6時。火曜定休。入場無料。問い合わせは大丸屋(電話0266・62・2022)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP