2020年2月20日付

LINEで送る
Pocket

茨城空港の愛称を「東京北空港」「東京茨城空港」などに改めてはどうか、との意見が茨城県議会で出たという報道があった。同県議会の議事録を読むと、「東京」の名を冠することで、首都圏第3の空港として印象付け、空港の知名度を上げたいという願いがあるようだ▼千葉県浦安市の東京ディズニーランドをはじめとして他県にありながら「東京」の名前を持つ施設がいくつかあるのも、主に海外向けに分かりやすさを狙ったのと、首都圏の活性化の一翼を担っているという自負の表れだろう▼茨城県議会の議事録を「東京北空港」で検索すると古くは2008年の発言がヒットする。根強く主張されてきた意見とみられる。一方で、長く議論され続けたにもかかわらずこれまで実現しなかったということは、地元の名前にこだわる人も多いのだろうと想像される▼先日、県外の方との会話で茅野市にある施設を話題にしていたところ、どうも話がかみ合わないと思ったら、その方はその施設が諏訪市にあるものだと思い込んでいたことが分かった。実際に足を運んでいたく気に入ったという話をされていたのにもかかわらず、である▼地元住民でなければ諏訪地域を「諏訪」でひとくくりにして見てしまうのは仕方のないことではあるし、他県の人に分かりやすく「諏訪」の名前を活用するのも有効だろう。とはいえ、少しがっかりしたのも本音である。

おすすめ情報

PAGE TOP