2020年02月26日付

LINEで送る
Pocket

餃子(ギョーザ)の特徴を表す「つ・つ・む(包む)」の語呂合わせで、2月26日を餃子の日としている伊那餃子会は、例年この日に感謝デーのイベントを行っている。今年も何かやるんだろうと思って尋ねると、今回に限り3月9日に変更したそうだ▼伊那は名物を語呂合わせで売り込むのが得意な地域なのかもしれない。「ローメンの日」は6月4日。伊那ローメンズクラブが、ローメンで蒸し麺を使う特徴にちなみ、む(6)し(4)の語呂合わせで制定した。伊那ソースかつどん会が「伊那ソースかつ丼の日」に定める10月10日は、かつを揚げるときの「ジュー、ジュー」と聞こえる音にちなんでいる▼少々無理やり感がある気もするが、都度話題になればアピールになる。割り引きだったり、景品が当たるスタンプラリーであったり、イベントもあるから、おいしいものをお得に食べられるありがたい日でもある▼伊那餃子会が売り込む「伊那餃子」は伊那産の雑穀アマランサスを使っている。信州みそを使った「みそだれ」で食べるのが好まれ、もちもちした食感に人気がある。餃子の日には大型店前に特設会場を設け、自慢の味を提供するのが恒例だ▼いつもなら「感謝の気持ちをギョーザに包み込んで」をキャッチフレーズにする店主たち。今年は語呂合わせでサンキューの日に行うことになり、加盟店の思いはよりストレートに伝わるのかも。

おすすめ情報

PAGE TOP