CATVで学習や健康づくり 駒ケ根市が番組

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルス感染防止で臨時休校中の子どもたちや外出を自粛している高齢者らに向け、駒ケ根市は学習や健康づくりを支援する特別番組を制作し、ケーブルテレビの行政番組で放送を始めた。

番組名は「お家でやってみよう」。英語学習と健康体操、食育レシピの3本立てで、それぞれ約5~15分間でまとめた。

英語学習「英語のシャワー」は、市内小学校の教師や外国人のALT(外国語指導助手)3人が登場。小学生向けで、果物や野菜、スポーツの名称などを学びながら英語に親しむ。放送は午前9時からと午後2時から。

健康体操「こまかっぱとエクササイズ」は、集いの場の休止などで運動の機会が減っている高齢者を対象に、軽運動を紹介する。午前10時からと午後3時から。

食育レシピ「こまかっぱ食育クッキング」は、市内給食センターの栄養士がバランスの取れた食事や食の大切さなどを紹介する。放送は24日からで、正午と午後4時から。

市によると、市内のケーブルテレビの加入率は約65%。ケーブルテレビのほか、インターネットの動画サイト「YouTube(ユーチューブ)でも配信する。

伊藤祐三市長は「少しでも、休校や外出自粛をお願いしている皆さんの役に立てばうれしい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP