市内店舗の特製弁当 岡谷市HPに掲載

LINEで送る
Pocket

岡谷市内の飲食店が提供する特製弁当の情報を発信していく特設ページ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、売り上げが減少する飲食店などを応援しようと、岡谷市は23日から「新型コロナに負けるな“おいしい岡谷”1店1品(逸品)テイクアウトプロジェクト」に取り組む。市内飲食店が提供する特製弁当の情報を市ホームページで発信する事業で、6月末まで随時参加店舗を募集。昼食の出前として市職員が注文するほか、市民や市内事業者向けにも紹介し、販路開拓につなげてもらう。

宴会や外食の自粛により飲食業の売り上げが落ち込む中、創意工夫を凝らし、宅配やテークアウトなど新たな取り組みに挑戦する店舗を応援する事業。店側の負担にも配慮して店ごとに1品を提供してもらい、市ホームページの特設ページで情報発信する。注文の確実性を持たせるため、当面は市職員が昼食用に発注。コロナ収束後の営業も視野に入れ、出前や配達のノウハウを蓄積してもらう。

対象店舗はデリバリーやテークアウトを行える市内の飲食店。新たに実施する場合は業態の変更を伴うため、諏訪保健所へ事前の確認、相談が必要となる。ホームページの掲載料は無料で、情報は随時更新。掲載はホームページから直接申請できるほか、電子メールやファクスでも申し込みを受け付ける。

事務局の市商業観光課は「事前の聞き取りでは地域貢献のため(注文に)協力したいという声が市内製造業などからあった」とし、プロジェクトを契機に地域経済が循環していくことを期待している。

問い合わせは同課商業支援担当(電話0266・23・4811)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP