諏訪6市町村長 共同メッセージを発表

LINEで送る
Pocket

メッセージを発表する諏訪6市町村長

諏訪広域連合と諏訪6市町村は23日、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた共同メッセージを発表した。6市町村長が諏訪市役所で記者会見し、感染防止対策の徹底や大型連休中の外出自粛、冷静な判断と落ち着いた行動などを求め、「心を一つに難局を乗り越えましょう」と訴えた。

住民に向けたメッセージは市町村ごとに発表しているが、6市町村長が一堂に会して連名で発信する効果は大きいと判断。諏訪地域の住民や来訪者に向けたメッセージのたたき台を広域連合事務局が作り、各市町村の意見を聞いて加筆修正した上で、23日の正副連合長会議で承認した。

連合長の金子ゆかり諏訪市長がメッセージを朗読した後、今井竜五岡谷市長が「正しい情報に基づいて対応を」、今井敦茅野市長が「生活圏以外の移動は控えて」、青木悟下諏訪町長は「身近なお店へのご協力を」、名取重治富士見町長は「行政として適切な施策を講じる。今までに増してご協力を」、五味武雄原村長は「皆さんの協力が地域を守る」と呼び掛けた。

続いて、金子市長が「この難局を一緒に乗り切るぞ」と呼び掛け、全員でこぶしを突き上げた。メッセージは諏訪広域連合のホームページで閲覧できる。

おすすめ情報

PAGE TOP