大型連休を警戒、注意喚起 3首長が共同声明

LINEで送る
Pocket

大型連休を控え、共同声明を発表する今井茅野市長(左)と五味原村長

茅野市、富士見町、原村の3市町村長は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた共同声明を発表した。八ケ岳山麓に観光地や別荘地を抱える地域として大型連休を前に、「地域外への移動や県外からの帰省をしないで」と強く要請した。

3市町村長の共同声明は今月10日に続いて2回目。県外への外出や帰省などを避けることを「強くお願いします」とし、前回より表現を強めにした。別荘居住者が諏訪地域滞在中に感染した例は現時点で確認されていないとし、県外ナンバーの車両を見掛けても「冷静な行動」と求めた。

24日は今井敦茅野市長と五味武雄原村長が同市役所で会見し、今井市長は「別荘の人と共存共栄している地域。大型連休はわれわれも我慢するので、県外の人も(他地域への外出などは)我慢してほしい」。五味村長は学校の臨時休校が続いていることを懸念し、「学校再開に向けて努めるのは大人の責務」と訴えた。名取重治富士見町長は公務で欠席した。

共同声明は3市町村のホームページで発信する予定。

おすすめ情報

PAGE TOP