あす母の日 茅野の生花店内は色とりどり

LINEで送る
Pocket

母の日の贈り物として人気が高まる鉢植えのアジサイが並ぶ「花の館イトウ」

10日は「母の日」。諏訪地方の生花店や直売所などにはおしゃれな花束や鉢花、アレンジメントなどが並び、母親への贈り物を選ぶ人たちが訪れている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3密を避けながら花を選んで贈ってもらおうと、日本花き振興協議会の提案で今月末まで「母の月」キャンペーンも展開されている。

茅野市横内の「花の館イトウ」では、長く楽しめる鉢植えのアジサイや、定番のカーネーションが売れ筋だ。母の日に贈る花の色として人気がある赤やピンクに加え、青などの涼しげな色も豊富にそろえる。花とぬいぐるみがセットになったギフト商品も。生花店のネットワーク「イーフローラ」に加盟し、インターネット注文にも対応する。

同店によると、外出自粛によって5月に入っても客足が伸び悩み、母の日の事前予約も例年より少ないという。アイプラザイトウの伊藤巧常務は「花は気持ちを元気にします。こんな時だからこそ、大切な人に贈ったり、部屋に飾ったりしてほしい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP