独自大会7月18日から開幕 長野県高野連

LINEで送る
Pocket

県高野連は29日、松本美須々高で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権長野大会の代替として、県独自の大会を開催することを決めた。7月18日の開幕を目指して準備を進める方針で、日程や大会方式などの詳細は今後協議する。

長距離移動や宿泊を伴う感染リスクを避けるため、北信、東信、中信、南信の4地区に分けた大会実施を想定している。現時点で春秋のような各地区上位校による県大会の開催は未定だが、西條浩章会長(松本美須々校長)は「3年生の思い出づくりの大会ではなく、真剣勝負の場にしてほしいという選手の声が反映できるよう努力したい」と語った。

開幕日は県立校の部活動が5月末まで停止となっている現状から、練習時間を確保するため当初予定の長野大会から2週間遅れで設定した。開会式は実施しない。学業に支障がないよう土日、祝日に試合を行い、会期は8月前半までとしたい考え。日本高野連のガイドラインに基づき原則無観客試合とするが、部員の観戦は認める方針で、保護者については今後検討する。

理事会では軟式も同様に7月18日開幕で代替大会を開催する方針を決めた。西條会長は「感染症拡大の危険性が高まらないこと、平常の学校生活が送れていることが開催の大前提になる。この二つが確保された上で、生徒がこれまで努力してきたものを発表できる機会をつくってあげたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP