元気いっぱい 「みのわ祭り」にぎやか

LINEで送る
Pocket

暑さにも負けず元気な踊りを繰り広げる児童たち=30日、箕輪町

暑さにも負けず元気な踊りを繰り広げる児童たち=30日、箕輪町

箕輪町の夏の一大イベント「第28回みのわ祭り」(同実行委員会主催)が30日、同町松島の国道153号箕輪バイパス沿いの日の出工専地区一帯を会場に開かれた。町民踊りや手筒花火、ステージ発表、信州プロレスなど多彩な催しが繰り広げられ、周辺は多くの家族連れなどでにぎわった。

メーンの町民踊りには小学生から一般までの14連が参加。そろいのTシャツや浴衣、法被など、思い思いの衣装で登場し「箕輪ワクワクソング」や「箕輪天竜音頭」などなじみの曲で、踊りエリア内を華やかに彩った。

イベント広場では、信州プロレスが「格闘パフォーマンス」を披露。観客も即席のレスラーとなって、進行役のグレート無茶さんと一緒にさまざまな必殺技を繰り出し、会場から爆笑を引き出した。

また、岩手県大船渡市の女子高生4人組バンド「カメリアス」も、東日本大震災で多くの支援を受けた感謝を届ける歌声を披露し、大きな喝采を受けていた。

会場内では、子ども対象のゲームコーナーや大道芸人によるパフォーマンス、みこしの練り歩きなども行われ、祭りムードも最高潮。打ち上げ花火と太鼓連60人による競演や、名物の手筒花火と今回初お目見えのやぐらみこし花火で、祭りはクライマックスを迎えた。

おすすめ情報

PAGE TOP