新たなICT活用探る カンファレンス本大会

LINEで送る
Pocket

「ICT Conference 2020 in INA TAKATO」本大会は県内外の多くの教育関係者がオンラインで視聴した=伊那市東部中学校

伊那市教育委員会は15日、ICT(情報通信技術)教育に関する催し「ICT Conference 2020 in INA TAKATO」の本大会を市ICT活用教育推進センター(同市東部中学校内)で開き、遠隔会議システム「Zoom」でライブ配信した。実践発表や専門家らがパネル討論を行った。

催しは3年目。今年は新型コロナウイルスの影響を受けてICT教育環境の充実化が求められる学校現場に焦点を置き、大会を通して市内小中学校のオンライン授業の普及を図る。大会テーマは「withコロナ 新たな学びを創造する」。事例を学び、コロナ渦収束後を見据えたICTの新たな活用方法を探った。

伊那西小、手良小、東春近小、伊那中の事例を発表。東春近小4年生は現在、ほぼ全教科で授業支援システム「スクールタクト」を使い、うち国語の漢字学習ではタブレットに直接書き込む形式で筆順確認や書き取り問題を行っている。東春近小の小川美穂教諭は▽画面拡大ができるため、指定の枠の中に収めて書ける▽何度も書き直しができる―などの利点から「漢字が苦手な子も意欲的に取り組めるようになった」と話した。

パネル討論では視聴する教員から「ICT教育は本当に必要か」「ICTの活用で学びに変化はあったか」との質問が寄せられ、信州大学教育学部の佐藤和紀助教、熊本市楠小の山下若菜教諭、上越教育大学附属中の大崎貢教諭のパネリスト3人が答えた。

3人は「映像を作る、オンラインで知らない人とつながるなどのICTを活用した表現方法が可能になり、子どもの選択肢が広がる」「今の子どもが働く時代にはICT活用能力が必要になる」などと回答。ICTが生む新たな学びの可能性を説いた。

ライブ配信は市内全21小中学校と事前申し込みをした県内外の17教育機関が視聴。教育ITライターの神谷加代さん=インプレス社員=の基調講演もあった。

おすすめ情報

PAGE TOP