2020年7月22日付

LINEで送る
Pocket

英語が苦手な私でも「go to」の意味は知っている。「~に行く」だ。政府の国内旅行需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンが、きょう22日から始まる▼旅行代金の最大5割、1人1泊当たり2万円を上限に補助する。新型コロナウイルスで打撃を受けた観光地を支援するため、開始時期を当初の8月上旬から前倒しした。感染流入を懸念する声を受け全国一律の実施は見送り、東京発着を対象外にしてスタートする▼そういえば、長野県にも似た支援策がある。県民向けに8月1日まで行う「ディスカバー信州県民応援割」だ。1万円以上の宿泊プランだと最大5000円引き、買い物に使える観光クーポンも付く。今も9000泊分を好評販売中という▼いや待て、国と県の支援策を同時に使えば県民は無料で県内旅行ができるではないか。20日、応援割の事務局に電話をした。事務員の女性は「(併用の可否は)決まっていないのでお答えできません」と恐縮しきり。県観光誘客課も「観光庁にスキームを確認します」と慌てた様子だ▼当の観光庁は通話中でつながらない。ホームページの〈よくあるご質問〉では、県独自の取り組みを「GoToトラベル事業が開始されるまでの間の支援策」と突き放し、併用の可否は「各地方公共団体の判断」とする。公費補助の無賃旅行は実現するだろうか。税金の行き先を厳しく見守りたい。

おすすめ情報

PAGE TOP