新型コロナ感染拡大 「みずべテラス」中止

LINEで送る
Pocket

イベント用に設置されている大型テント

再び全国的に新型コロナウイルス感染が拡大し、県内では警戒レベルが引き上げられたことから、8月8日から下諏訪町の赤砂崎公園で開催予定だった「あかすなみずべテラスinサマー」と「しもすわサマーイルミネーション」の中止が決まった。主催する町と赤砂崎水辺空間活用実行委員会が30日、発表した。

実行委と町は、「3密」状態にならないよう席数や入場者を制限し、記名入場などを行う感染予防対策を図った上での開催を検討してきた。しかし急激な感染拡大によりイベント開催がクラスター(感染者集団)発生の要因になりかねないとの懸念から、来場者や参加企業らの安全安心を確保するため中止を決めたという。

実行委の長崎圭祐委員長(37)は「中止は悔しいが仕方がない」とする一方、イベントに出店予定だった飲食店などの支援を考えるとしている。「何かを変えなければコロナを打破できない」とし、同公園内でドライブスルー方式によるテークアウト(持ち帰り)実施の可能性などを検討していきたいとしている。

開催に向けてすでに設置された電飾についてはすべて撤去する方針。イベントに使用する予定で設置された大型テントは、11月まで設置したままにし、「3密」状態にならないような利用を呼び掛けていくという。

おすすめ情報

PAGE TOP