コロナ影響の応援給付金申請来月から 諏訪市

LINEで送る
Pocket

諏訪市は9月1日から、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内事業者に対し、法人に20万円、個人事業主に10万円を市独自に給付する「がんばる事業者応援給付金」の申請受け付けを開始する。申請は「密」を避けるため原則郵送。給付金は申請に基づいて交付されるため、申請の手続きを忘れないよう注意を促している。市は「給付金窓口」を市役所に開設し、書類の審査や支払い事務、相談対応などに当たる方針だ。

新型コロナに伴う第4弾の緊急経済対策。3日の市議会臨時会で今年度一般会計補正予算案が可決されたことを受けて実施する。対象は市内に事業所がある法人または個人事業主で、市外に住み、市内で事業を営む場合も対象となる。申請は1事業者当たり1回(対象条件が重複しても給付金の加算はない)。

対象条件は 1、県・市新型コロナウイルス拡大防止協力金・支援金の給付決定を受けた遊興施設、宿泊業、飲食サービス業など 2、県新型コロナウイルス危機突破支援金の給付決定を受けた理容業、美容業、エスティック業など(小規模事業者に限る) 3、県バス・タクシー感染症拡大防止支援金の給付決定を受けたバス・タクシー事業者など 4、国の持続化給付金の給付決定を受けた全業種 5、国の雇用調整助成金(緊急対応期間中)の給付決定を受けた全業種―が対象者になる。

予算規模は2億4000万円で、市内事業所の70~75%に相当する1500事業所(法人900事業所、個人600事業所)への給付を見込む。企業側は▽給付金交付申請書兼請求書▽1~5の交付決定通知書の写し(いずれか一つ)▽振込口座の情報が分かる通帳の写し―などを用意して郵送で市に提出する。申請の締め切りは来年2月15日(消印有効)。

市商工課はホームページや広報で給付金の周知を図り、市内企業に申請を呼び掛ける。給付金窓口には最大6人を配置する計画だ。「多くの企業の皆さんに申請していただき、事業の継続や雇用の維持に役立ててほしい」としている。

提出先は郵便番号392―8511、諏訪市高島1の22の30、諏訪市役所経済部商工課「諏訪市がんばる事業者応援給付金担当」宛て。問い合わせは、同給付金担当(電話0266・52・4141)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP