2020年8月29日付

LINEで送る
Pocket

まわりの誰もが頷いたとしても/僕はYesと言わない/絶対沈黙しない/最後の最後まで抵抗し続ける―。女性アイドルグループ欅坂46の楽曲「不協和音」。秋元康さんの作詞。香港警察に逮捕された民主活動家の周庭さんが、「今までにない恐怖」を感じながら頭に浮かべていたという▼国家安全維持法施行に伴う逮捕。周さんはすぐ保釈となったが、法制化で香港の空気は一変した。「愛国教育」を掲げる中国指導部の意向を受け、香港の教科書から「三権分立」や「民主化運動」の記述が削除されたと伝えられる▼当局が修正を求めたのは「通識」の教科書。報道によると「香港教育図書社」の教科書からは「三権分立の原則に従い、個人の自由と権利、財産の保障を極めて重視する」との記述が削られ、代わりに「デモで違法行為をした場合、関連の刑事責任を負う」との記述が加えられた▼通識は世の中に通じる知識の獲得を目的に「今の社会」を学ぶ科目で、10年前に高校で必修化された。社会への関心や批判精神、自分で考える力を高めるとされ、昨年からの民主化デモなど、若者が社会問題に積極的に関わった要因の一つに指摘される。通識教育は見直される方向だという▼国や権力の意向でそれまで信じてきた正義が通用しなくなる恐怖を思う。周さんらの無事を祈りつつ、目の前の自由や民主主義、政治、選挙のあり方を改めて考えたい。

おすすめ情報

PAGE TOP