かんてんぱぱガーデンでヤマツツジ二度咲き

LINEで送る
Pocket

鮮やかな朱色の花を咲かせるヤマツツジ=かんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。

ヤマツツジは高さ2メートル、幅3メートルほどの大きさで、枝先にそれぞれ2、3個ずつ花が咲く。伊那食品工業によると、敷地内では4月から6月にかけて開花するが、この株のみ秋にも花盛りになるという。木の脇には「名木 二度咲きヤマツツジ」と書かれた木札もある。

同社は「秋の方が花持ちが良く、次々に咲くので今月いっぱい楽しめそう」と話す。このほかガーデン内の山野草園では、青色のミズアオイやイワシャジン、秋の七草の一つで黄色のオミナエシなども満開を迎えている。

おすすめ情報

PAGE TOP