アサギマダラに代理でマーキング 宮田村

LINEで送る
Pocket

渡りチョウの「アサギマダラ」が立ち寄る拠点アサギマダラの里を管理・運営する宮田村は、新型コロナウイルス感染拡大防止による移動制限で、同里に来られない人に代わってアサギマダラにマーキングをし、代理で旅をしてもらう「アサギマダラのマーキング代理サービス」の受け付けを始めた。思うように旅ができない人の思いをアサギマダラに託し、旅をした気分を味わってもらう。

秋に日本本土から西南諸島や台湾へと移動するアサギマダラにマーキングイニシャルを書き込んで“旅”を託し、旅情を楽しむ初の企画。旅の到着地は再捕獲されなければわからず、わからないままとなる可能性も高い。再捕獲された場合はその旨、希望者本人に連絡する。村産業振興推進室では「アサギマダラがどんな旅をするのか想像を膨らませて楽しんで」と多くの申し込みを呼び掛けている。

希望者は、氏名、住所、連絡先(電話、メールアドレス両方)と、アルファベットやひらがな、カタカナによるマーキングイニシャル(3文字以内)を「sangyo@vill.miyada.nagano.jp」にメールで送付する。詳細は村ホームページを検索する。

おすすめ情報

PAGE TOP