ドライブスルーで販売会14日 JA飯島支所

LINEで送る
Pocket

「ドライブスルー販売会」をPRするJA支所の成澤晃明支所長と出展者ら

飯島町のJA上伊那飯島支所は11月14日、密を避けて車に乗ったまま買い物ができる「コロナに負けるな!収穫の秋!!ドライブスルー販売会」を同町飯島上ノ原の旧果実選果場で開く。地元農産物をはじめ、加工品、特産品など49点を出品。町や商工会青年部などとも協力して、地域の活力につなげる。事前に商品を申し込む予約制でファクス、電話で受け付ける。

同支所は商工会と協力して「いいちゃん産業祭り」を毎年秋に開いているが、今年はコロナ禍で中止に。出展を予定していた組合員や楽しみにしていた住民に少しでも元気になってもらおうと、ドライブスルー方式の販売会を企画した。

農産物では旬の果樹や花類などを販売。リンゴのシナノスイート、ナシの南水で最上級ランク「秀」を用意し、普段は箱詰めでしか買えない商品が、小分けで購入できる。花もシクラメンやシンビジウムなどサービス価格で提供する。加工品も五平餅やおやき、ブルーベリーソースなど多彩。お陣屋みそとおふくろ糀セットを販売する飯島町味噌加工研究会の那須野智代美代表は「コロナ禍でイベントもなく、道の駅などでの売り上げも伸びない。今回の販売会を通じて、町内でも農産加工に取り組んでいることを多くの人に知ってもらえれば」と期待した。

提供商品が掲載された販売会のチラシは18日付の新聞折り込みで町内に配られるほか、同JA各支所にも備え付けている。

事前申し込みはファクスが19日、電話が28日からで、いずれも11月4日まで受け付ける。問い合わせは同支所(電話0265・89・1100)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP