中ア初冠雪 千畳敷は冬支度

LINEで送る
Pocket

雪に覆われた中央アルプス=18日午前9時ごろ

標高3000メートル級の高峰が連ねる中央アルプスで17日、初冠雪を観測した。昨年より5日早い降雪。翌18日は時折晴れ間が見え、駒ケ根市街でも雪化粧をした中アの姿が見られた。

標高約2600メートルにあるホテル千畳敷を運営する中央アルプス観光(駒ケ根市)によると、17日午前中にみぞれが雪に変わった。18日未明まで降り続き、30センチほどの雪が積もった。17日午後9時ごろには氷点下約2度まで冷え込んだという。

千畳敷一帯は一面雪で覆われ、駒ケ岳ロープウェイ麓のしらび平駅に続く山腹では紅葉が見頃を迎えている。「雪が降るとホテルは雪囲いや登山道の目印整備など冬支度で忙しくなる」と同ホテルの大槻俊樹支配人。「十分な装備と足元に気を付けて、紅葉と雪景色が楽しめる季節の変わり目に遊びに来てほしい」と呼び掛けた。

おすすめ情報

PAGE TOP