MTBの魅力を知る 飯島の組織がイベント

LINEで送る
Pocket

マウンテンバイクを走らせる参加者たち=千人塚公園

マウンテンバイク(MTB)の楽しさを知ってもらおうと飯島町で活動しているコミュニティー組織「1140(いいじま)MTB」が7日、同町七久保の千人塚公園を発着点とするサイクリングイベントを開いた。町民ら9人が参加し、紅葉に彩られたコースでさっそうと風を切った。

同組織は、官民連携で地元の魅力を発信する町営業部のアウトドア部会の有志が今年創設した。MTBの魅力を広めようと、未経験者や初心者も歓迎のイベントの開催に取り組んでいる。

この日のコースは、公園内や林道を通る約4キロ。標高の高い地点まで自転車を持って上がり、その後、下り坂を駆け抜けた。

メンバーの一人で駒ケ根工業高校(駒ケ根市)2年の森本空さん(17)は「活動を通じて、多くの人が自転車に乗るようになったらうれしい」と期待。近い将来、町内でレースを開きたい考えを示した。

おすすめ情報

PAGE TOP