「生き抜く力」を 災害想定しキャンプ

LINEで送る
Pocket

災害を想定したキャンプで火起こしを体験する親子。「消えないで」。小さな子も懸命に息を吹きかけた

茅野市で自然保育を行う「そらしど森のようちえん」(伊藤美穂子代表)は7日、子育て世代を主な対象とした「災害シミュレーションキャンプ」を市青少年自然の森で開いた。災害時の生活を事前体験することで「備える力」と「生き抜く力」を養ってもらおうと企画し、市内外の親子やスタッフら17人が参加。家屋損壊やライフライン断絶を想定し、火起こしやビニールシートを使ったテント作りなどを体験した。

想定して体験することが万が一の際に役立ち、冷静な行動にもつながると考え、県の地域発元気づくり支援金を活用して初めて開いた。前半は市の防災担当者の話を聞いて「備える力」を養い、後半は野外でさまざまな体験をして災害時に役立つ知識と技術を習得した。

サバイバル術に精通するスタッフの岩崎公彦さんは、生き抜くためには雨風をしのぐシェルターが最も大切で、水、火、食料と続くと説明。1枚のシートを折って屋根にする技術を伝授した。参加親子はこの日2リットルの水を持参。野外炊飯や水分補給をしながら、2リットルで家族全員が3日間しのげるかを考えた。

火起こしは木の枝や落ち葉などの収集から始め、最初にマッチで、続いて火吹き棒で挑戦。小さな子たちも「消えないで」と懸命に息を吹きかけた。ほぐした麻ひもが着火に役立つことや、乾燥した木の見分け方も習った。

山梨県北杜市の平野鈴瑞代さんは、三男で5歳の徳祐君と参加し「火起こしもそうですが、火をキープする難しさも分かりました。家庭で体験と実践を繰り返し、技術を身につけたい」。災害時は木や太陽など自然の力が頼りになるが、岩崎さんは「利用するには知恵、体験が必要」と助言していた。

21日にも同じ会場、内容で開催する。「災害時などは思考力より記憶力が働くと言われています。体験しておくことが生きる力につながる」と伊藤代表。親子らに参加を呼び掛けている。詳細は「そらしど森のようちえん」フェイスブックへ。

おすすめ情報

PAGE TOP