新装備で安全強化 県消防防災ヘリ新機体公開

LINEで送る
Pocket

新機体「アルプス」を背に、竹内県危機管理部長から訓示を受ける隊員たち

2017年3月に墜落した機体に代わる県消防防災ヘリコプターの新機体の内部が7日、報道機関に初公開された。事故の教訓を生かして新たな装備を導入し、安全性を強化したとともに機体の性能も向上しているという。

ベル社(米国)製の中型ヘリ「ベル412EPI」で、青森や愛知県の防災ヘリと同じ型。墜落した機体の後継で大きさは同じ。新たに導入した装備のうち、大きな変更は操縦席前の液晶ディスプレー。以前はアナログ計器が並んだが、ルートや燃料状況など重要な飛行情報を一目で把握しやすくなった。ほかにもカメラで撮影した映像を県庁などに送信するシステム、地面との接近を知らせる装置や別の機体との衝突を防ぐ装置、フライトレコーダーやボイスレコーダーも付けた。

風向きや速度、ルートなど重要な飛行状況をまとめて確認できる操縦席前の液晶ディスプレー

今月2日に新機体が納入された県営松本空港(松本市)では、県危機管理部の竹内善彦部長が県消防防災航空隊員に向かって「安全がすべてにおいて最優先。今は一歩一歩基礎を固めてほしい」と訓示。同隊の水﨑厚史隊長は「新しい機体、装備、安全装置すべて素晴らしいが、運用するのは人。ミスをなくすために助け合い、一つ一つのフライトを大事にしたい」と話した。

墜落事故の後、リース機で運航を再開したが、定期検査に出した19年7月以降、運休が続く。新機体の飛行訓練は8日から始めて、来年度の早い時期の運航再開を目指すが、訓練の進み度合いを見て安全第一に判断する。消火や救助訓練のほか、多くの山を抱える県内の地形に慣れるため操縦訓練などを積む。

隊員18人のうち、諏訪広域消防本部から派遣された消防隊員の伊藤祐喜さん(35)=茅野市玉川=は、任期3年の1年目で「航空隊は救助の最後のとりで。救助や安全に対する考え方など目の前のことに一つずつ取り組み、諏訪に戻っても貢献できたら」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP