2020年12月22日付

LINEで送る
Pocket

大手旅行サイトじゃらんが全国の20~50代男女1098人に行ったアンケート「日本の好きなお城や行って良かったお城TOP20」で松本城が5位に入った。アルプスの山々を背景に、漆喰の白と漆塗りの黒の対比が美しい国宝のお城で、信州人にはうれしいランキングだ▼そう言えば「現存する日本最古の城」論争はどうなったのだろう。最古とされていた丸岡城天守は福井県坂井市教委の学術調査で、戦国時代の築城ではなく寛永年間(1624~44年)に建てられたとみられることが判明。これによりにわかに松本城最古説が浮上したはずだ▼松本城は古文書などから1590年代の建造とされているが、複数の構造物が重なる天守群で、文化庁データベースは大天守の建造は1615年ごろとの見方を採用。松本城管理事務所も慎重な姿勢をみせる▼天文6(1537)年、織田信長の叔父、信康が城郭を移築して築城したとされる犬山城も所説あるため、所有する公益財団法人「犬山城白帝文庫」は「特定の年を示すことは難しい」との見解を示す。こうした状況で可能性のあるどこの城も「最古」と名乗りを上げられないのだという▼確かに最古なら観光客は増えるだろう。しかし古いだけが魅力ではない。ランキング上位の姫路城や大阪城、名古屋城、そして松本城も、他にない魅力を備えるからこそ、人々を魅了していることを忘れてはならない。

おすすめ情報

PAGE TOP