1カ月ぶり レストラン菜々ちゃん営業再開

LINEで送る
Pocket

1カ月ぶりに営業を再開した「レストラン菜々ちゃん」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業していた、駒ケ根市東伊那の駒ケ根シルクミュージアム内にある「レストラン菜々ちゃん」が1日、1カ月ぶりに営業を再開した。バイキング形式で地元野菜などを使った約40種類の手料理を用意。再開を待ちわびていた来店客でにぎわった。

感染防止対策として、約120席あった席数を70席ほどに削減。料理を仕切るアクリル板の設置や、トングの小まめな交換のほか、利用者にはマスク着用を呼び掛け、料理を取る際用に使い捨て手袋を用意した。

メニューはとんかつや野菜の天ぷら、麻婆豆腐、カレー、五平もちにサラダ、デザートなど。ちらし寿司に使う白米やデザートのイチゴは地元産を使い、ピリ辛こんにゃくやチキンのトマトソース煮込みといった新メニューも加えた。
 
午前11時のオープンとともに家族連れなどが次々と来店。食べたい料理を次々と皿に盛り付けていった。下伊那郡平谷村から妻と訪れた山田賢一さん(62)は「再開を待ちわびていました。いろんな料理を選ぶのが楽しみで、一品ずつ味わっています」と話していた。

代表の小田切康男さん(62)は「スタッフが腕を振るった自慢の手料理をぜひ食べに来てほしい」と来店を呼び掛けた。

午前11時~午後2時。入店は午後1時まで。水曜定休。「信州GoToEatプレミアム食事券」も使える。問い合わせは同店(電話0265・81・8750)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP