タカトオコヒガンザクラ開花 茅野市安国寺

LINEで送る
Pocket

満開を迎えている木もあるタカトオコヒガンザクラ=茅野市の安国寺

ぽかぽか陽気が続き諏訪地方にも春の花便りが届く中、茅野市安国寺の宮川左岸沿いに並木をつくる「タカトオコヒガンザクラ」が一足早く開花した。場所によっては満開の木もあり、30日にはお花見を楽しむ住民の姿も見られた。昨年より10日、平年より半月ほど早い。

国道152号安国寺トンネル開通を記念して旧高遠町(現伊那市)から贈られ、地元住民が挿し木で増やした由緒ある桜。大型商業施設裏手の姫宮橋から上流約300メートルに30本ほどが続く。堤防の上を散策しながら眺めるのも、土手下の道路から見上げる光景も魅力的で、毎年、市内外から大勢の見物客が訪れる。

近くに住む40代の夫婦は「休みが合ったので一足早い花見」と話し、あずまやで弁当と酒を堪能。苗木を育てた小海嘉介さん(87)は「近年は開花が早まっているが、3月のうちに咲いたのは初めてだと思う。今年は特に早いので見逃さないように出掛けて」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP