支援デイサービス施設 インハート諏訪開所へ

LINEで送る
Pocket

障がいを持つ子どものために6月開所するインハート諏訪

障がいを持つ子どもの放課後活動や発育を支える児童発達支援・デイサービス施設「インハート諏訪」が6月に、諏訪市中洲神宮寺に開所する。茅野市内で整骨院や高齢者デイサービスを運営する合同会社IN(イン)ハート(本社諏訪市清水、有賀加代子代表)が新設した。「子ども個々の持てる能力を大切に育てる支援をして、毎日明るく元気に通える施設を目指す」(同社)とし、施設見学、体験を歓迎している。

開設は、デイサービスを利用するお年寄りから聞いた、障がいを持つ孫を案ずる声がきっかけという。木造2階建ての空き店舗を借り、延べ床面積約230平方メートルに指導訓練室、静養室、相談室などを配した。

当面は放課後等デイサービス事業のみで、小学1年~高校3年を対象に10人まで受け入れる。地元の中洲エリアは学校、家庭との送迎もする。ニーズに応じて未就学児の発達支援にも展開を広げる計画だ。

映像ソフトや大型プロジェクターを使ってゲーム感覚で体を動かし、他の子どもとの協調性を育てたり、館内に併設の接骨院から柔道整復師が身体機能の改善アドバイスをしたりする独自の支援も導入。「地域の人との触れ合いや多様な活動体験を提供し、その子に合わせた支援で成長を見届けたい。子ども、保護者ともに心休めるための居場所として活用してもらえたら」としている。

受け入れは平日午後2時30分~午後5時30分、休校日は午前9時30分~午後4時。受け入れ時間、送迎は応談。土、日曜、祝日定休。問い合わせは同施設(電話0266・55・7707)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP