「夏越の大祓」気持ち新たに 諏訪大社

LINEで送る
Pocket

境内に設けられた茅の輪をくぐり、心身を清めた参列者

諏訪大社の上社と下社で6月30日、「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の神事が行われた。青々としたカヤで仕立てた茅の輪をくぐり、半年で知らずのうちに心身に降りかかった罪や汚れを除いて心と体を清めた。

諏訪市の上社本宮では、神職、大総代と一般参列者約180人が集まった。斎庭への入場は神職と大総代に限定し、一般参列者は境内で互いに十分な距離を取りながら神事を見守った。神職から受け取った人形(ひとがた)で体の悪い部分をなでた後、息を3回吹きかけて神職に託した。

直径約2メートルの茅の輪の前に移動した後、「祓(はら)へ給(たま)い清め給へ」と唱えながら3回くぐった。友人や家族らとともに無病息災などを祈っていた。友人4人で訪れた阿久津聖恵さん(49)=東京都=は「大変神聖な気持ち。今年は起業したが、失敗も多かった。きょうをいい区切りとし、7月から気持ちを新たに頑張っていきたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP