FDA 松本―神戸線増便 日帰りも可能に

LINEで送る
Pocket

信州まつもと空港と神戸空港を結ぶ路線を運航している フジドリームエアラインズ(静岡市、楠瀬俊一社長)は5日、県庁で会見し、現在は午前中に1往復のみの同路線について、8月27日から午後に1往復増便すると発表した。関西方面と空港発着で日帰りが可能になる。

午前9時55分松本発―11時神戸着と午前10時神戸発―11時松本着の2便に加え、午後6時30分松本発―7時35分神戸着と午後5時神戸発―6時松本着の2便を増便する。運賃は大人普通運賃が片道2万6000円で、さまざまな割り引きサービスの中では、45日前までに予約購入する「45割」で最大9000円に下げることができる。

同社は2019年10月から松本―神戸の定期便を運航している。楠瀬社長は「新型コロナの影響で一部の便を運休してきたが、ワクチンの接種スピードが上がってきて、少なくとも昨年の今ごろに比べると先の明かりが見えてきた」と述べ、アフターコロナを見据えて増便を決めたとした。

県は増便に当たって信州まつもと空港の運用時間を現行の午前8時30分~午後5時から2時間延長し、8月27日からは午後7時までとする。

おすすめ情報

PAGE TOP