2021年7月23日付

LINEで送る
Pocket

先日、自動車のバッテリー上がりを起こしてしまった。近年はバッテリーの性能が良くなったためか、あまり身の回りでも聞かなくなったし、自分自身でも久しぶりのトラブルだった▼JAFのアプリをスマートフォンに入れてあったのを思い出して、そこからロードサービスを頼んでみたところ、スマホのGPS機能で現在位置を知らせることができた上、救援要請も到着予定時刻の確認もアプリ上で済んでしまった▼JAFの隊員の方と電話で話したのは駐車場所の詳しい場所の最終確認くらいで、実にあっけない。以前、土地勘のない場所から電話で呼んで混乱させてしまった経験があるので、余計に時代が変わったことを実感した。隊員さんも助かっているだろう▼世界的なワインコンテストの日本酒部門でチャンピオンになった諏訪御湖鶴酒造でもIoT(モノのインターネット)技術を導入している。効率が良くなり楽になるのかと思いきや、竹内重彦酒造本部長によると、「本来、人が手をかけなければいけない部分が明確に見えてくるので、そこをとことん突き詰めている。時間も手間もコストもかかる」のだという▼「面倒くさいことになっている」と苦笑ぎみだったが、充実した酒造りの様子が表情からうかがえた。呼び方はIT化でもDX化でもいいが、便利になって余裕が出た分をどこに費やすのかが問われる時代になっているようだ。

おすすめ情報

PAGE TOP