手作り品販売や体験 蓼科で地域活性イベント

LINEで送る
Pocket

ピクニック気分で手作り品や体験ブース巡りを楽しむ来場者=茅野市の蓼科高原芸術の森彫刻公園

フリーマーケットや手作り作品の販売、ワークショップ、飲食、占い体験などを集めた地域活性化イベント「花束マルシェ」(同実行委員会主催)は25日まで、茅野市の蓼科高原芸術の森彫刻公園で開かれている。地元のハンドメード作家らでつくる実行委が企画して5回目。晴天に恵まれた初日の23日は、家族連れらがブース巡りを楽しんでいた。

芝生の園内にアクセサリーや小物などの手作り品販売や占いなどをするブースが約20、飲食ブースが10ほど並ぶ。地元の音楽愛好者による生演奏もある。山梨県から祖父母と富士見町の別荘に遊びに来た小学3年生の乙黒希子さんと1年生の理子さんの姉妹はパステルで絵を描くワークショップを体験。「楽しかった。花畑を描いたよ」「(蓼科湖の)ボートにも乗りたい」と夏休みを満喫していた。

「移動式雑貨店」を出店した坪井須美子さん(46)=横浜市=は作家15人の作品を並べ、「ここはロケーションが素晴らしいので出店者も癒やされます」と笑顔だった。実行委の熊木英二さん(47)=諏訪市=は「広い公園でソーシャルディスタンスをとりながら、ピクニック感覚でのんびりと一日過ごしてもらえたら」と話した。

午前10時~午後4時。少雨実施、入場無料。

おすすめ情報

PAGE TOP