岡谷グルメ大集合 22日に「お持ち帰り市」

LINEで送る
Pocket

22日にイルフプラザで開く第1回「岡谷のうまいものが大集合 お持ち帰りグルメ市」をPRする関係者

新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店を支援しようと岡谷商工会議所(岡谷市)は22日午前11時から、飲食店の料理を一堂に集めて販売する第1回「岡谷のうまいものが大集合 お持ち帰りグルメ市」を同市中央町のイルフプラザ1階で開く。8店舗が参加し、弁当や総菜、甘味など13種類、計320食を並べる予定。来場を呼び掛けている。

県の「テイクアウト・デリバリー応援事業」を活用したイベントで計3回開く。日程は22日、9月19日、10月17日。テークアウトで複数の店の料理を一度に購入でき、来店したことのない店の味を試すことができる機会として初めて企画した。

第1回の参加店舗は、かね吉、レストランよしの、晴山堂茶寮、鳥一加茂町本店、プティ・ポア、山城屋肉店、多留寿司、眞礼の8店。カレー弁当、ミックスフライ丼、だんご、焼き鳥丼、ナポリタン、特製牛肉丼などを販売する。支払いは岡谷版電子マネー「Okaya Pay(オカヤペイ)」、スマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」でも対応する。

同商議所は「時短要請が出るなど、飲食店の営業は依然厳しい状況。お店を応援してもらい、味を知ってコロナ終息後の来店につなげてもらえれば」と話している。

時間は午後2時までだが、売り切れ次第終了。問い合わせは岡谷商工会議所(電話0266・23・2345)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP