始業式で土石流犠牲親子を追悼 辰野

LINEで送る
Pocket

亡くなった巻渕さん親子に黙とうをささげる生徒たち=辰野中学校

辰野町の親子3人が土石流で亡くなった豪雨災害で、同町の小中学校5校は20日に行った2学期の始業式で犠牲者を追悼した。各校の校長が命の大切さについて講話。児童や生徒が、精いっぱい生きることの意義を胸に刻んだ。

災害は15日、岡谷市川岸で家屋が土石流に遭い、盆休みを過ごしていた同町平出の巻渕友希さん(41)、次男で辰野中1年の春樹さん(12)、三男で辰野東小2年の尚煌さん(7)が亡くなった。

春樹さんが通っていた辰野中では、体育館に全校生徒約450人が集まり始業式を行った。矢島和明校長は「こんなにつらい新学期になるとは思っていなかった。悲しみが止まらない」とし「あなたが生きている。それが自分にとっても、周りの人にとっても尊いこと。災害や防災について学び、人の命や悲しみを救える人になって」と諭した。

生徒たちは静かに聞き入って黙とうをささげ、犠牲者のめい福を祈っていた。町教育委員会では同日から県スクールカウンセラーの追加派遣を受け、各校で児童や生徒の心のケアを図っていく。

おすすめ情報

PAGE TOP