来月地域密着防災体験セミナー 伊那JC

LINEで送る
Pocket

地域密着防災体験セミナーの開催を発表する伊那青年会議所のメンバーら

伊那青年会議所(伊那JC)は地域密着防災体験セミナーを10月16日午後1時から、南箕輪村の大芝高原屋内運動場で開く。大規模災害を想定した7時間にわたる体験を通して命を守るための適切な行動と、新型コロナ対策を考えながらの避難を学ぶ。参加家族を募集する。

模擬開設した避難所内に新型コロナ対策を考慮した避難スペースを設営した後、避難所運営ゲームで想定されるさまざまな場面への対応方法を学ぶ。保存食での食事体験や防災グッズの機能説明を通して必要な防災用品を考える機会を提供。消防団長の講話、1961年の豪雨災害「三六災害」体験者のインタビュー動画の視聴、国土交通省のテックフォース(緊急災害対策派遣隊)で活躍する特殊車両の見学や活動事例の紹介も計画した。

事業を担当するまちづくり委員会は「あなたは大切な人を守れますか」と投げ掛けて参加家族の募集を開始。白鳥和宣委員長は「災害が起きることを前提に対策をしなければならないことに改めて気付いてほしい」と話した。

参加費は1家族1000円。参加家族には防災カードゲームや防災グッズをプレゼントする。伊那、辰野、箕輪、南箕輪の4市町村在住の20家族(小学生以上)を募集する。応募の締め切りは10月3日だが、定員になり次第締め切る。新型コロナの感染拡大状況によってオンライン開催に切り替える場合もある。問い合わせは平日の午前10時~午後3時の時間帯に伊那JC事務局(電話0265・78・2328)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP