初期中山道歩こう 10月2日イベント

LINEで送る
Pocket

ウォーキングイベントの参加を呼び掛ける岡谷市職員

ウォーキングイベントの参加を呼び掛ける岡谷市職員

岡谷市から辰野町を経て塩尻市に至る初期中山道を歩くイベント「初期中山道ウォーキング」が10月2日、JR岡谷駅から小野駅(辰野町)までの岡谷コースで開かれる。岡谷、塩尻、辰野の2市1町や商工会議所などでつくる塩嶺王城観光開発協議会が主催。大勢の参加を呼び掛けている。

岡谷駅、三沢の一里塚、小野峠・三沢峠、小野のしだれ栗自生地を経て小野駅を目指す約10キロのコース。歩行時間の目安は3時間30分。午前9時30分~10時40分に岡谷駅で参加を受け付ける。参加費は無料。

当日は小野駅前で地酒の試飲などのイベント、地元の小野神社、矢彦神社で例大祭が行われる。ゴール地点では先着250人に完歩賞を進呈するほか、全員に参加賞を用意している。

初期中山道は下諏訪町から岡谷市の東堀、小井川、岡谷を通り三沢から小野峠を越えて辰野町の小野宿、牛首峠を経て塩尻市の桜沢に至る約26キロ。江戸幕府が定めた五街道の一つとして重要な路線だったが、わずか十数年で廃道となった。

イベントの問い合わせは岡谷市商業観光課(電話0266・23・4811)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP