2021年9月12日付

LINEで送る
Pocket

トップアイドルとして一世を風靡したピンク・レディーのヒット曲「UFO」が発売されたのは1977年。その70年代といえば日本でUFOブームが起きている。空飛ぶ円盤とも呼ばれたUFOの目撃情報が各地で相次いだという▼作家の三島由紀夫も、空飛ぶ円盤探しに傾倒していた時があった。55年に結成された「日本空飛ぶ円盤研究会」の初期からのメンバーでもある。夏ともなれば双眼鏡を手に自宅で夜空を見上げたことが一再ならずあったという。定期観測会にも熱心に参加している▼そうした下地があって書かれたのかどうか、三島には「美しい星」(62年)と題した小説がある。宇宙人であるという意識に目覚めた家族が描かれるSF的な物語は、世界を二分した東西冷戦下での世界終末観を背景に人類滅亡といった壮大なテーマを扱っている▼米情報機関がことし発表した未確認飛行物体に関する報告書が話題を集めた。米軍のパイロットが目撃した情報や映像などを検証した結果、その正体は明らかにならなかったと報道されたが、謎めいた部分が残されたことで好奇心を刺激された人もいることだろう▼未知の存在に何かを託したり、救いを求めたりしたくなる。UFOが注目される背景には、不透明な世界情勢や社会への不安感があるのだろうかと、ふと考える。9月12日の「宇宙の日」に高い高い空の上のことがなんだか気になった。

おすすめ情報

PAGE TOP