忍術復元し後世へ 忍者集団子孫の伊与久さん

LINEで送る
Pocket

戦国時代に武将・武田信玄、真田幸村に仕えた忍者集団で、「真田十勇士」のモデルともいわれる「吾妻七騎衆」の一派「伊与久党」の子孫、伊与久大吾さん(43)=富士見町先達=は、日本の古い武具や忍軍の史実を示す文書など史料の収集と、忍術の復元に取り組んでいる。将来は、地域の人たちに忍術を知ってもらう“忍者博物館“を開きたいと夢を広げている。

伊与久さんは千葉県出身。中国武術を始め国内外で技を磨き、姜氏門の第三代として八卦掌を極め、2011年に同町へ移住。身体訓練の「錬成館道場」を開き、体術の普及に努めている。

歴史上、伊与久党の名は武田氏の記録文書に見られるが、豊臣方と徳川方の明暗を分けた戦いの後、敗者豊臣方についた忍軍の存在は、歴史の記録から抹消され、子孫も身分を隠して生きたという。そのため武具は散逸し、記録文書もほとんど残っていない。

伊与久さん自身、武道一家の厳しい家庭に育ちながらも、忍術については技を継承した祖母から断片的に伝え聞いただけ。長年、国内外の武道を学ぶうちに日本固有の古武道・忍術を継承する大切さを感じるようになり、同時に、正確な技と史実を知る人が少なくなっていることへの焦りも募らせている。

そこで七騎衆の子孫を訪ねて話を聞き取ったり、地域の人たちから武具や史料、伝え聞いた情報を収集。忍術の体験希望も受け入れ始めた。忍術は、「体本来の機能を正しく使い、最大限に生かした動き。事故やけがから身を守るために現代の子どもたちにも有効」という。

伊与久さんは、「まんがや小説で紹介される忍者と、本当の忍軍はどう違うのか。家に伝わる技を一つの指標にして技術を復元し、後世に残したい」と話している。

情報提供は伊与久さん(電話090・4204・9097)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP