諏訪商議所 市の来年度施策に要望書

LINEで送る
Pocket

金子ゆかり市長(左)に要望書を提出する岩波寿亮会頭(左から2人目)

諏訪商工会議所は4日、諏訪市に対し、来年度施策に対する要望書を提出した。岩波寿亮会頭や副会頭らが市役所を訪れて金子ゆかり市長に手渡した。要望は16項目で同商議所の各部会、委員会からの要望を取りまとめた。

総合的な治水対策の推進や自衛のための防災用品の配備に対する補助制度、2年連続で中止となった諏訪湖祭湖上花火大会の開催、かりんちゃんバスへのキャッシュレス決済導入、諏訪が舞台の映画を活用した新たな観光資源の開発支援、大雨後の諏訪湖に浮かぶ漂流ごみの早期回収の仕組み作りなどを求めた。

岩波会頭は「新型コロナのワクチン接種が進む中で、コロナ禍後を見据えた課題の解決のため多くの政策を進めてほしい」と伝えた。

おすすめ情報

PAGE TOP