伊那のそば店スマホと巡って 振興会イベント

LINEで送る
Pocket

スマートフォンでQRコードを読み取る女性たち=伊那市坂下の飲食店「亀」

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23日から始める。事務局の市観光課は「好みのそば店を見つけてほしい」と参加を呼び掛けている。

「信州そば発祥の地」をPRする伊那市にはそばの名店が多いことから、業界の振興を目的に初めて企画した。

加盟店を利用した上で、各店備え付けのQRコードをスマートフォン(携帯電話)で読み取りチェックインする。全16店舗でチェックインした場合、1万円相当の食事券が抽選で2人に当たるほか、10店以上のチェックインで5000円相当の食事券(5人)、3店以上でも500円分の割引券(64人)が当たる。

期間は来年2月28日まで。3月に事務局で抽選を行い、当選者に連絡する。市観光課の下島智成さんは「伊那市は、そば店で食べるそばが本当においしい。この機会に多くのそば店を巡り、それぞれの個店の魅力を知ってほしい」と呼び掛けている。問い合わせは事務局(電話0265・78・4111)へ。

加盟店は次の通り。

▽旬彩料理一期一会、壱刻、角八、亀、蕎麦きし野、華留運、楽座紅葉軒、そば処こやぶ、こやぶ竹聲庵、そば処七面亭、そば処栃の木、行者そば梅庵、峠の茶屋風聲庵、高遠そばますや、みのやさくら亭、そば処名人亭

おすすめ情報

PAGE TOP