”神話の3市”発信 ポスターとチラシ製作

LINEで送る
Pocket

神話の縁結び かみがたりネットワークが製作した映画「神在月のこども」とのタイアップポスター

神話を基に連携する諏訪市、島根県出雲市、新潟県糸魚川市の3市の団体「神話の縁結びかみがたりネットワーク」は、全国公開された映画「神在月のこども」とのタイアップポスター、チラシを製作した。諏訪市では市内の小中学校や観光施設に配布した。映画のヒットを願いつつ、3市の魅力を発信する。

ポスター、チラシには、建御名方神を祭る諏訪大社、建御名方神の父に当たる大国主大神を祭る出雲大社、母に当たる奴奈川姫ゆかりの天津神社・奴奈川神社のイラストと同映画の登場人物が描かれ、チラシの裏面には主人公らが紹介する形で3市の観光スポットや食などが表現されている。ポスターはB1サイズで150枚、チラシはA4サイズで1万2000枚製作した。

同映画で描かれる親子の絆にちなみ、神話の世界の親子に関係する3社を取り上げた。同映画では、神域に足を踏み入れてしまった少女が亡くなった母にもう一度会いたい気持ちを胸に東京から出雲大社を目指す。その途中で立ち寄る諏訪で龍神と出会い、試練を乗り越えることで旅を続ける本当の意味を見いだす重要なシーンが描かれている。

諏訪市観光課は「諏訪が本当に丁寧に描かれ、あまり知られていない諏訪の信仰についてもわかりやすく表現された映画。ポスターが映画館に足を運ぶきっかけになれば」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP