来月3日に「三角八丁」 下諏訪町中心市街地

LINEで送る
Pocket

「ぶらりしもすわ三角八丁」への来場を呼び掛ける担当者

下諏訪町のまち歩きイベント「ぶらりしもすわ三角八丁(さんかくばっちょう)!其の三十四」は11月3日、同町の中心市街地を会場に開かれる。町内19の観光施設などに37団体が出店。例年春と秋に開催されるが新型コロナウイルスの影響で、昨年と今年は春の開催を見送ったため1年ぶり。感染症予防対策を講じるほか、開催時間を例年より短縮して午前10時~午後2時に開く。

今回は、例年のスタンプラリーに代わり、「まちあるきフォトラリー」を企画した。同イベントのチラシに、「秋宮」「春宮」「大灯籠」の3エリアに2カ所ずつ、計6スポットの写真を掲載。写真の施設を全て巡ると一つのキーワードを完成できる。本部の「しもすわ今昔館おいでや」でキーワードを回答すると景品のプレゼントがある。

春宮エリアのおんばしら館よいさは無料開放、大灯籠エリアの友之町駐車場ではフリーマーケットやリサイクルバザーがある。秋宮エリアの今昔館おいでやでは子ども向けイベントを、四ツ角駐車場では南三陸町の名産品販売やラーメンやカレーなどの飲食ブース、ダンス発表、各種ワークショップなど多彩な内容を用意。「けん玉リンピック」(下諏訪市民新聞社駐車場)や太鼓演奏(八幡坂高札ひろば)もある。

チラシは町内の観光施設などで配布中。同イベントを取りまとめる下諏訪観光協会は「フォトラリーをしながらまち歩きを楽しんでほしい。感染症対策に気を付けながら、久々のイベントで町の活気を感じてほしい」と呼び掛けている。

問い合わせは同協会事務局(電話0266・26・2102)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP