下社御柱御用材8本並ぶ 下諏訪町の棚木場

LINEで送る
Pocket

来春の諏訪大社御柱祭に向け、下社山出しの曳き出し地点「棚木場」に並んだ御柱8本

来春の諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)に向け、下社山出しの曳き出し地点となる下諏訪町大平の棚木場に御柱8本が並んだ。神事が10月31日に済んだことを受け、御柱祭下社三地区連絡会議は3日、大総代へのお披露目会を現地で開いた。約35人の大総代らが集まり、8本が横一列に並んだ様子に笑顔を向け、本番に向けて気持ちを新たにした。3月まで一般公開される。

下社御用材は5月10日に同町郊外の東俣国有林で伐採。コロナ禍のため、氏子の参加人数をいつもの5分の1にして行った。伐採地からの仮搬出は岡谷市の業者が10月18~29日にかけて実施。棚木場まで2.7キロほどの行程を重機やトラックで運び出した。来年3月まで棚木場に安置され、山出し(4月8~10日)に向けて元綱の取り付けなど木造りに入る。

同連絡会議の小林正夫会長(71)は御柱8本が並んだ姿に「荘厳な雰囲気で、身の引き締まる思い。御柱祭が始まるんだと感じる。これからの催事に向けて頑張っていくので、氏子の皆さんのご協力をお願いしたい」と述べた。

棚木場までの道(県道八島高原線)は道幅が狭く工事中の箇所も残っており、交通規制の表示に従った通行を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP