「もみじのトンネル」見頃 箕輪町のもみじ湖

LINEで送る
Pocket

紅葉の見頃を迎えた箕輪ダム上流の末広広場近くの「もみじのトンネル」=箕輪町

紅葉の名所として知られる箕輪町長岡の箕輪ダム「もみじ湖」で、約1万3000本のモミジが見頃を迎えた。県内外から多くの観光客やカメラマンが訪れている。町観光協会によると、今年の紅葉の進み具合は例年並みで、10日ごろまで楽しめるという。

箕輪ダムのモミジは、ダム建設で湖底に沈んだ同町長岡新田集落の人たちが、苗木を植栽していったのがはじまり。今年は国内旅行情報サイト「じゃらんnet」の全国のおすすめ紅葉スポットランキング2021で昨年に続き1位になるなど、全国的な知名度は年々高まっている。

ダム湖上流の末広広場近くの「もみじのトンネル」は”映え”ポイントとしてにぎわっており、夜はライトアップも行っている。夫婦で訪れた山梨県の70代男性は「旅行会社に50年勤めたが、こんなに素晴らしい場所があったなんて知らなかった。知人にも紹介したい」と話していた。

今年は新型コロナウイルスの影響で各種催しは中止となったが、竹の尾広場では飲食や土産の出店が並ぶほか、観光ボランティアガイドによる案内を実施している。いずれも14日まで。問い合わせは町観光協会事務局(電話0265・79・3171)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP