晩秋の里に”柿すだれ” 中川村

LINEで送る
Pocket

大量の市田柿がつるされているビニールハウス=中川村の松村栄一さん方

上伊那地方南端の中川村で、干し柿作りが進んでいる。主な品種は伊那谷名産の渋柿「市田柿」。栽培農家の軒下やビニールハウス内に無数の実がつるされ、鮮やかなオレンジ色の”柿すだれ”が晩秋の里に彩りを添えている。

JA上伊那によると、上伊那地方では中川村を中心に約70戸が市田柿を栽培。今年の生柿は「質、量ともにまずまずの出来栄え」で、干し柿の出荷量は例年並みの約20トンを見込む。

同村片桐の農業、松村栄一さん(66)は、ビニールハウス4棟を使って干し柿を生産する。10月下旬に柿の皮をむく作業に入り、ハウス内に実をつるす作業も9日にほぼ完了。つるし終えた約15トン分の生柿を20日間ほど天日干しして熟成させる。

「乾きすぎたりカビが生えたりしないように、今後の管理が肝心。市田柿の上品な甘さを楽しんでもらえるようにしたい」と気を引き締める。12月上旬から順次出荷していく予定だ。

おすすめ情報

PAGE TOP