早太郎温泉楽しんで 湯めぐりカード販売

LINEで送る
Pocket

早太郎温泉郷「灯キャンペーン」をPRする関係者

駒ケ根高原のホテルや旅館などでつくる早太郎温泉事業協同組合(中山茂房理事長)は、温泉の利用者が落ち込む冬場の誘客企画として26日から来年2月28日まで、早太郎温泉郷「灯キャンペーン」を行う。期間中、駒ケ根市と宮田村にある日帰り温泉4施設で6回入浴できる「湯めぐりカード」を1枚3000円で販売。4施設全てを利用した購入者を対象に、抽選で宿泊券などが当たる特典も用意している。

冬期限定の誘客企画として昨年から実施しているキャンペーン。新型コロナウイルス感染拡大防止のために前回は地域住民のみにカードを販売したが、今季は感染状況が落ち着きつつあることから販売対象を地域外にも拡大した。

キャンペーンに参加する入浴施設は駒ケ根市のこまくさの湯、露天こぶしの湯、すずらん颯と宮田村のこまゆき荘。カードは限定1000枚発行し、「いい風呂の日」(11月26日)に合わせて各施設で販売を始める。4施設全てを利用した購入者には抽選で5人に同組合加盟施設の宿泊券1万円分、10人に温泉化粧水(128ミリリットル入り)をプレゼントする。

同組合は「地元の温泉に入ったことがない人もいるかと思う。『美肌の湯』をぜひ体感してもらいたい」と利用を呼び掛けている。問い合わせは事務局の駒ケ根観光協会(電話0265・81・7700)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP