「21年新成人」1月2日記念撮影 富士見町

LINEで送る
Pocket

式典の開催予定日だった5月2日に富士見町内で写真を撮る21年新成人。来年1月2日に記念撮影を行う

富士見町と町教育委員会は来年1月2日、今夏にオンライン開催した2021年町成人式の対象者の記念撮影を町内で行うことを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で集まれず、画面越しに旧交を温める機会を設けたものの、一生に一度の思い出の写真が撮れていなかった。今月上旬のうちに対象者134人に案内通知を出す。一方、22年町成人式は1月9日に町民センター体育室で開く。

21年町成人式は通常の1月から5月2日に延期したものの、春先の感染拡大で中止に。7月24日にオンラインで行い、名取重治町長の式辞など式典をライブ配信し、その後、中学のクラスごと恩師を交えて画面越しに交流した。

町生涯学習課によると、記念写真を撮りたいとの希望もあり、年末年始の帰省に合わせて設定した。はがきに記載する二次元コードなどで事前の出席確認を行い、コミュニティ・プラザで1月2日午後2時から撮影する予定だ。負担にならないよう平服での参加も呼び掛けるという。町と町教委はこれまでに、集まる形での式ができなかった代わりに、町内で出土した縄文土器のミニチュアレプリカなど特別な記念品を届けている。

一方、22年町成人式は、これまでの会場より広い町民センター体育室で1月9日午後に行う。参加申込期限は3日だが、11月末現在で対象者149人のうち71人が出席の意向を示している。記念撮影後、時間短縮や座席の間隔を空けるなどの対策を講じながら式典を開催。新成人実行委員らが準備してきた小中学校時代の思い出写真をスライド上映する。

おすすめ情報

PAGE TOP